2ウィークアキュビューディファイン

TOPタイプ別に探すサークルレンズ2ウィークアキュビューディファイン

TOPメーカー別に探すジョンソン&ジョンソン2ウィークアキュビューディファイン

価格比較

レンズモード

2箱セット(3ヶ月分)

5,540円(→)(最安値)

※2017年8月17日更新

※送料の800円を含めた価格です

1箱あたりの価格

2,370円

※送料は含めていない価格です

レンズモード公式サイトへ レンズモード解説ページへ

レンズクラス

2箱セット(3ヶ月分)

5,560円(→)

※2017年8月17日更新

※送料無料

1箱あたりの価格

2,780円

※送料は含めていない価格です

レンズクラス公式サイトへ レンズクラス解説ページへ

ベストレンズ

2箱セット(3ヶ月分)

5,560円(→)

※2017年8月17日更新

※送料無料

1箱あたりの価格

2,780円

※送料は含めていない価格です

ベストレンズ公式サイトへ ベストレンズ解説ページへ

レンズアップル

2箱セット(3ヶ月分)

5,740円(→)

※2017年8月17日更新

※送料の540円を含めた価格です

1箱あたりの価格

2,600円

※送料は含めていない価格です

レンズアップル公式サイトへ レンズアップル解説ページへ

アットスタイル

2箱セット(3ヶ月分)

5,760円(→)

※2017年8月17日更新

※送料無料

1箱あたりの価格

2,880円

※送料は含めていない価格です

アットスタイル公式サイトへ アットスタイル解説ページへ

24レンズ

2箱セット(3ヶ月分)

5,885円(→)

※2017年8月17日更新

※送料の465円を含めた価格です

1箱あたりの価格

2,710円

※送料は含めていない価格です

24レンズ公式サイトへ 24レンズ解説ページへ

レンズオン

2箱セット(3ヶ月分)

5,960円(→)

※2017年8月17日更新

※送料の540円を含めた価格です

1箱あたりの価格

2,710円

※送料は含めていない価格です

レンズオン公式サイトへ レンズオン解説ページへ

クリアコンタクト

2箱セット(3ヶ月分)

6,480円(→)

※2017年8月17日更新

※送料無料

1箱あたりの価格

3,240円

※送料は含めていない価格です

クリアコンタクト公式サイトへ クリアコンタクト解説ページへ

レンズのスペック

コンタクト名
2ウィークアキュビューディファイン
メーカー
ジョンソン&ジョンソン
タイプ
2ウィーク&サークルレンズ
素材
HEMA
PW(度数)
-0.50〜-9.00
+0.50〜+1.00
±0.00
BC(ベースカーブ)(mm)
8.3
DIA(レンズ直径)(mm)
14.0
レンズ厚(mm)
0.084
酸素透過係数(DK)
28
酸素透過率(DK/L)
33.3
含水率(%)
58
UVカット
医療機器承認番号
22000BZX00369000

カラーはヴィヴィッド(ブラウン)の1色のみ

2ウィークアキュビューディファインのカラー展開は1色のみです。ワンデーアキュビューディファインモイストでも展開されているカラーのうちのひとつのヴィヴィッドスタイルだけです。

着色直径は12.8mm

レンズの着色部外径は12.8mm。黒目を少しだけ大きくみせることができる自然な大きさです。

ワンデーアキュビューディファインモイストでも1番人気の色

ちなみに、ヴィヴィッドスタイルはワンデーアキュビューディファインモイストでも1番人気のカラーのようです。1番人気だからこそ、2ウィークアキュビューディファインではヴィヴィッドスタイル1色だけという考え方もできますね。

サークルレンズの中では酸素透過率はトップレベル

2ウィークアキュビューディファインの酸素透過率はサークルレンズの中ではトップレベルです。

酸素透過率は33.3DK/L

酸素透過率は33.3DK/Lになっています。この数字はサークルレンズの中ではかなり高いほうなのではないかと思います。なるべく目の健康を重視したいという人で、でもサークルレンズも使いたいという人は2ウィークアキュビューディファインがいいと思います。

2ウィークアキュビューと同じです

2ウィークアキュビューディファインの酸素透過率は実は2ウィークアキュビューとまったく同じです。レンズの中に色素がはいっていても、酸素透過率そのものは変わらないんですね。

含水率は58%

2ウィークアキュビューディファインの含水率は58%です。この数字も普通の2ウィークアキュビューとまったく同じです。

含水率は高めなのでレンズのつけ心地は良好

コンタクトレンズは含水率が高いと、それだけ装着するときのつけ心地がよくなる傾向があります。他のサークルレンズでは含水率が低いものもあります。そういったものと比べるとレンズのつけ心地はいいかもしれません。

レンズが乾燥しやすい傾向はあり

含水率が高いのは、レンズのつけ心地にはプラスに働くのですが、レンズが乾燥しやすくなるというデメリットもあります。レンズに多くの水分が含まれていると、それだけレンズから蒸発していく水分も多くなってしまうんです。

度なしのレンズも登場

2ウィークアキュビューディファインには、度なしのレンズがなかった時期があります。度数±0.00がなかったんですね。でも今では度数±0.00もきちんと用意されています。

UV(紫外線)カット仕様

2ウィークアキュビューディファインのレンズはUVカット仕様になっています。ジョンソン&ジョンソンのコンタクトレンズはすべてがUVカット仕様になっています。

UV-Aを81%以上カット

UV-Aは81%以上カットします。UV-Aというのは紫外線の中でも波長が長めのものです。波長が長いとエネルギー的には低くなります。私達の肌が黒く焼けるのに関わっているのはこのUV-Aです。

UV-Bを97%以上カット

UV-Bは97%以上をカットします。UV-Bは紫外線の中でも波長が短いものです。波長が短いとそれだけエネルギーが強くなります。肌にあたってもそこで止まらずに、皮膚の中にまで影響を与えます。

BC8.3と少し小さめ

2ウィークアキュビューディファインはBCが8.3のみの展開となっています。これはかなり偏っているように感じるのですがどうなんでしょうか。というのも使い捨てコンタクトレンズってBC8.3からBC9.0の間で作られているからです。BC8.3というのは一番小さいBCなんです。個人的にはもうひとつ。例えばBC8.6の展開があってもいいのかなと思うのですがどうなんでしょうか。

色素が瞳に直接触れないようになっています

2ウィークアキュビューディファインは当たり前ですが色素が直接目に触れないようにレンズの素材で包み込みように作られています。

サンドイッチ製法

色素をレンズの素材で包み込むように作ることをサンドイッチ製法と呼んだりします。たしかにイメージしやすいですよね。

TOPタイプ別に探すサークルレンズ2ウィークアキュビューディファイン

TOPメーカー別に探すジョンソン&ジョンソン2ウィークアキュビューディファイン