エルコンワンデーエクシード

TOPタイプ別に探すワンデーエルコンワンデーエクシード

TOPメーカー別に探すシンシアエルコンワンデーエクシード

価格比較

アットスタイル

6箱セット(3ヶ月分)

10,056円(→)(最安値)

※2017年8月17日更新

※送料無料

1箱あたりの価格

1,676円

※送料は含めていない価格です

アットスタイル公式サイトへ アットスタイル解説ページへ

レンズクラス

6箱セット(3ヶ月分)

10,056円(→)(最安値)

※2017年8月17日更新

※送料無料

1箱あたりの価格

1,676円

※送料は含めていない価格です

レンズクラス公式サイトへ レンズクラス解説ページへ

レンズアップル

6箱セット(3ヶ月分)

10,368円(→)

※2017年8月17日更新

※送料無料

1箱あたりの価格

1,728円

※送料は含めていない価格です

レンズアップル公式サイトへ レンズアップル解説ページへ

クリアコンタクト

6箱セット(3ヶ月分)

10,368円(→)

※2017年8月17日更新

※送料無料

1箱あたりの価格

1,728円

※送料は含めていない価格です

クリアコンタクト公式サイトへ クリアコンタクト解説ページへ

レンズオン

6箱セット(3ヶ月分)

10,368円(→)

※2017年8月17日更新

※送料無料

1箱あたりの価格

1,728円

※送料は含めていない価格です

レンズオン公式サイトへ レンズオン解説ページへ

24レンズ

6箱セット(3ヶ月分)

10,833円(→)

※2017年8月17日更新

※送料の465円を含めた価格です

1箱あたりの価格

1,728円

※送料は含めていない価格です

24レンズ公式サイトへ 24レンズ解説ページへ

レンズデータ

コンタクト名
エルコンワンデーエクシード
メーカー
シンシア
タイプ
ワンデー
素材
HEMA
PW(度数)
-0.50〜-12.00
BC(ベースカーブ)(mm)
8.7
DIA(レンズ直径)(mm)
14.0
レンズ厚(mm)
0.05
酸素透過係数(DK)
7.93
酸素透過率(DK/L)
15.9
含水率(%)
38.5
UVカット
×
医療機器承認番号
21700BZY00394A04

エルコンワンデーとどう違う?

エルコンワンデーエクシードはエルコンワンデーの改良版です。一体どういうところが違うんでしょうか?

レンズが薄くなりました

まず、ひとつめ。それはレンズが薄くなったというところです。

エルコンワンデーは0.07mm

エルコンワンデーのレンズの薄さは0.07mmでした。

エクシードは0.05mm

それがエルコンワンデーエクシードになってレンズの薄さが0.05mmになりました。これはワンデーコンタクトレンズの中ではトップレベルに薄いといってもいいかもしれません。0.05mmのワンデーは他にはワンデーファインUVくらいでしょうか。ちなみに、実はワンデーよりも2ウィークのほうが総じてレンズが薄い傾向があります。なので、2ウィークの中には0.05mmよりも薄いコンタクトレンズがいくつかあります。

非球面設計のデザイン

エルコンワンデーエクシードになってレンズが非球面設計になりました。

エルコンワンデーは球面設計

エルコンワンデーはレンズの設計は普通の球面設計でした。

非球面設計だと見え方がシャープになる

レンズが非球面設計になるとなにがいいのかというと、視界の見え方がシャープになるという点です。レンズに入ってきた光が目の網膜の1点に集約されやすくなるんですね。私達の目自体、まったくの球面というわけではないですよね。非球面設計のレンズというのは人の目に細かく合わせた設計とも言えます。

酸素透過率の低さが目立ちます

エルコンワンデーエクシード。レンズが薄くなったことで若干酸素透過率も改善されたのですが、それでも低いことに変わりはありません。

酸素透過率が15.9DK/L

酸素透過率は15.9DK/Lです。エルコンワンデーの11.3DK/Lみたいにもうちょっとで1桁という感じではなくなりましたが、それでもまだまだ20DK/Lにも届かないという状態です。せめて20DK/Lは欲しい感じですね。

エルコンワンデーよりはレンズが薄くなった分高くなりました

ちなみにエルコンワンデーエクシードはレンズの素材の酸素透過係数自体はエルコンワンデーと変わりありません。7.93DKです。それなのに酸素透過率が上がったのはレンズが0.07mmから0.05mmに薄くなったからです。酸素透過率は酸素透過係数をレンズの厚みで割ったものだからです。

1日の後半には目が酸素不足になる可能性大

エルコンワンデーよりも酸素透過率が上がったとはいえ、やっぱり1日の後半には目が酸素不足になりやすいという傾向はあります。極力、レンズを装着している時間は短めに抑えることをオススメします。

含水率は38.5%

エルコンワンデーエクシードは含水率は38.5%です。レンズ全体の約4割弱が水分という感じですね。

低めなのでレンズは硬めな傾向あり

含水率が低いと、レンズの水分が少ないということなので、レンズは硬めな傾向になります。レンズを装着するときにも目に異物感を感じる可能性が高くなります。

含水率が低いとレンズが乾きにくい傾向もあります

その代わりに、含水率が低いとレンズに含まれる水分も少ないので、レンズから蒸発していく水分も少なくなります。つまりはレンズが乾きにくくなるというメリットもあります。

TOPタイプ別に探すワンデーエルコンワンデーエクシード

TOPメーカー別に探すシンシアエルコンワンデーエクシード