トップページ >  > 国内正規品と並行輸入品の違いとは?

国内正規品と並行輸入品の違いとは?


コンタクトレンズの通販ショップには国内正規品を取り扱っているところと、並行輸入品を取り扱っているところがあります。コンタクトレンズの品質自体で考えるならばどちらにも違いはありません。

というのもほとんどのコンタクトレンズは日本国内では製造されておらず、海外で製造されているからです。つまりは、国内正規品とはいっても並行輸入品とまったく同じものです。

ちなみにアキュビューが製造されているのはアメリカとアイルランドの2カ国で、日本に流通しているのはアイルランド製が多いようです。

不良品を交換してもらう特は国内正規品の方が楽


コンタクトレンズそのものの品質はまったく同じなのですが、国内正規品と並行輸入品ではそのサポート体制が違っています。例えば、届いたコンタクトレンズに不良品が含まれていた場合、どうしますか?

国内正規品のコンタクトレンズであれば、直接日本のメーカーに問い合わせて対応してもらえるのですが、並行輸入品の場合は国内の窓口ではなくて海外の窓口に問い合わせをする必要がでてきます。

並行輸入してくれている通販ショップが仲介はしてくれるのですがとても時間がかかってしまいます。

最近はお値段も国内正規品の方が安い


国内正規品と並行輸入品で迷う場合って、並行輸入品の方が価格が安いという場合だと思うのですが、実は最近は国内正規品の方が並行輸入品よりも安いという現象が起きています。

並行輸入品の場合は送料が1箱あたり250円とか300円かかるので、なおさら国内正規品の方がお得という状況になってきています。

もちろんなのですが、国内正規品の場合は国内からの発送になります。コンタクトレンズが手元に届くのがとても速いんです。海外からの並行輸入品の場合は速くても1週間ほどかかるし、関税の問題で届くのが遅れることもたまにあります。

国内正規品は処方箋の提出が必要なんじゃないの?


国内正規品の方がお得なのは分かったけど、国内のコンタクトレンズ通販ショップはたしか処方箋の提出が必要だったような。。

と思うかもしれませんが、実は最近は国内のコンタクトレンズ通販ショップでも処方箋の提出が不要なところがあります。

いままでは自主規制みたいな感じで処方箋の提出を求めていたようなのですが、処方箋不要にする国内のコンタクトレンズ通販ショップが増えています。


コンタクトレンズ一覧