エルコンワンデー

TOPタイプ別に探すワンデーエルコンワンデー

TOPメーカー別に探すシンシアエルコンワンデー

価格比較

アットスタイル

6箱セット(3ヶ月分)

8,100円(→)(最安値)

※2017年8月17日更新

※送料無料

1箱あたりの価格

1,350円

※送料は含めていない価格です

アットスタイル公式サイトへ アットスタイル解説ページへ

レンズクラス

6箱セット(3ヶ月分)

8,100円(→)(最安値)

※2017年8月17日更新

※送料無料

1箱あたりの価格

1,350円

※送料は含めていない価格です

レンズクラス公式サイトへ レンズクラス解説ページへ

クリアコンタクト

6箱セット(3ヶ月分)

8,640円(→)

※2017年8月17日更新

※送料無料

1箱あたりの価格

1,440円

※送料は含めていない価格です

クリアコンタクト公式サイトへ クリアコンタクト解説ページへ

レンズオン

6箱セット(3ヶ月分)

8,640円(→)

※2017年8月17日更新

※送料の540円を含めた価格です

1箱あたりの価格

1,350円

※送料は含めていない価格です

レンズオン公式サイトへ レンズオン解説ページへ

レンズアップル

6箱セット(3ヶ月分)

8,700円(→)

※2017年8月17日更新

※送料の540円を含めた価格です

1箱あたりの価格

1,360円

※送料は含めていない価格です

レンズアップル公式サイトへ レンズアップル解説ページへ

24レンズ

6箱セット(3ヶ月分)

9,225円(→)

※2017年8月17日更新

※送料の465円を含めた価格です

1箱あたりの価格

1,460円

※送料は含めていない価格です

24レンズ公式サイトへ 24レンズ解説ページへ

レンズモード

6箱セット(3ヶ月分)

10,140円(→)

※2017年8月17日更新

※送料の1,800円を含めた価格です

1箱あたりの価格

1,390円

※送料は含めていない価格です

レンズモード公式サイトへ レンズモード解説ページへ

ベストレンズ

6箱セット(3ヶ月分)

10,740円(→)

※2017年8月17日更新

※送料無料

1箱あたりの価格

1,790円

※送料は含めていない価格です

ベストレンズ公式サイトへ ベストレンズ解説ページへ

レンズデータ

コンタクト名
エルコンワンデー
メーカー
シンシア
タイプ
ワンデー
素材
HEMA
PW(度数)
-0.50〜-12.00
BC(ベースカーブ)(mm)
8.7
9.0
DIA(レンズ直径)(mm)
14.0
レンズ厚(mm)
0.07
酸素透過係数(DK)
7.93
酸素透過率(DK/L)
11.3
含水率(%)
38.5
UVカット
×
医療機器承認番号
21700BZY00394A01

非イオン性のレンズ

エルコンワンデーは非イオン性のレンズを使っています。

レンズに汚れがつきにくくなっています

レンズが非イオン性だと、イオンをもった汚れがレンズいつきにくくなります。

含水率を低くすることでうるおいを保ちます

エルコンワンデーは含水率がそれほど高くないため、レンズは乾きにくい傾向があります。

含水率38.5%

エルコンワンデーの含水率は38.5%です。この数字は普通のハイドロゲル素材としては低いほうです。

その代わりに、レンズを装着したときのつけ心地はすこし落ちます

含水率が低くなるとレンズが乾きにくくなるのはいいのですが、その代わりにレンズを装着したときのつけ心地は悪くなります。水分を多く含んだほうが目に触れたときにソフトですからね。

気になるのは酸素透過率の低さ

エルコンワンデー。気になるのはその酸素透過率の低さです。シリコーンハイドロゲル素材と比べたときはもちろんなのですが、普通のハイドロゲル素材のコンタクトと比べてもその酸素透過率の低さは目立ちます。

酸素透過率11.3DK/L

エルコンワンデーの酸素透過率は11.3DK/Lになっています。

ワンデーコンタクトレンズの中でもトップを争う低さ

この数字はワンデーコンタクトレンズの中でもトップを争う低さです。もうすこしで酸素透過率が1桁になってしまいますからね。実際にエルコンワンデーを使ってみたことがありますが、夕方ごろには目が酸素不足になってくるのが実感できます。レンズが乾く状態とはまた違う、酸素が足りない圧迫感のようなものが感じられます。なので、エルコンワンデーを使う場合には、極力使用時間は短くすることをオススメします。

TOPタイプ別に探すワンデーエルコンワンデー

TOPメーカー別に探すシンシアエルコンワンデー