2ウィークファインUV

タイプ別に探す

メーカー別に探す

通販ショップを探す

記事を探す

TOPタイプ別に探す2ウィーク2ウィークファインUV

TOPメーカー別に探すシード2ウィークファインUV

価格比較

1クリアコンタクト

2箱セット(3ヶ月分)

2,590円(→)(最安値)

※2017年12月12日更新

※送料無料

1箱あたりの価格

1,295円

※送料は含めていない価格です

クリアコンタクト公式サイトへ クリアコンタクト解説ページへ

2コンタクトさん

2箱セット(3ヶ月分)

3,060円(→)

※2017年12月12日更新

※送料の500円を含めた価格です

1箱あたりの価格

1,280円

※送料は含めていない価格です

コンタクトさん公式サイトへ コンタクトさん解説ページへ

3レンズクラス

2箱セット(3ヶ月分)

3,160円(→)

※2017年12月12日更新

※送料無料

1箱あたりの価格

1,580円

※送料は含めていない価格です

レンズクラス公式サイトへ レンズクラス解説ページへ

4アットスタイル

2箱セット(3ヶ月分)

3,160円(→)

※2017年12月12日更新

※送料無料

1箱あたりの価格

1,580円

※送料は含めていない価格です

アットスタイル公式サイトへ アットスタイル解説ページへ

5アットネット

2箱セット(3ヶ月分)

3,540円(→)

※2017年12月12日更新

※送料の540円を含めた価格です

1箱あたりの価格

1,500円

※送料は含めていない価格です

アットネット公式サイトへ アットネット解説ページへ

624レンズ

2箱セット(3ヶ月分)

4,345円(→)

※2017年12月12日更新

※送料の465円を含めた価格です

1箱あたりの価格

1,940円

※送料は含めていない価格です

24レンズ公式サイトへ 24レンズ解説ページへ

7メアシス

2箱セット(3ヶ月分)

4,380円(→)

※2017年12月12日更新

※送料無料

1箱あたりの価格

2,190円

※送料は含めていない価格です

メアシス公式サイトへ メアシス解説ページへ

8レンズオン

2箱セット(3ヶ月分)

4,420円(→)

※2017年12月12日更新

※送料の540円を含めた価格です

1箱あたりの価格

1,940円

※送料は含めていない価格です

レンズオン公式サイトへ レンズオン解説ページへ

9レンズアップル

2箱セット(3ヶ月分)

4,420円(→)

※2017年12月12日更新

※送料の540円を含めた価格です

1箱あたりの価格

1,940円

※送料は含めていない価格です

レンズアップル公式サイトへ レンズアップル解説ページへ

レンズのスペック

コンタクト名
2ウィークファインUV
メーカー
シード
タイプ
2ウィーク
素材
HEMA
PW(度数)
-0.25〜-12.00
BC(ベースカーブ)(mm)
8.7
DIA(レンズ直径)(mm)
14.0
レンズ厚(mm)
0.07
酸素透過係数(DK)
12
酸素透過率(DK/L)
17.1
含水率(%)
38
UVカット
医療機器承認番号
21700BZZ00393000

シードが販売しているけど製造は台湾のメーカー

2ウィークファインUVは日本のシードが販売している2ウィークタイプのコンタクトレンズです。でも、実は2ウィークファインUVを製造しているのは台湾のメーカーだったりします。

セントシャインオプティカルのOEM製品

2ウィークファインUVは台湾のコンタクトレンズメーカーであるセントシャインオプティカルが製造しています。俗にいうOEM製品です。セントシャインイプティカルがシードブランドのためにコンタクトレンズを製造しているという構図です。

日本製なのは2ウィークピュアうるおいプラス

シードで販売されていて、かつ、日本製なのは2ウィークピュアうるおいプラスの方です。

価格は2ウィークコンタクトレンズの中でも最安の部類

2ウィークファインUVの最大の特徴といってもいいかもしれません。価格がかなり安いです。おそらく2ウィークコンタクトレンズの中で最安の部類というか最安です。

2ウィークアキュビューよりもメダリストプラスよりも安いです

2ウィークファインUVと競合するコンタクトレンズである2ウィークアキュビューよりもメダリストプラスよりもやっぱりお値段は安くなっています。

含水率は低めの38%

2ウィークファインの含水率は38%です。含水率は低いといってもいいと思います。

レンズは硬め

含水率が低いと、レンズに含まれる水分も少ないということですから、当然レンズは硬めになります。目に装着したときに異物感を感じる可能性も高くなります。ですが、メリットも少しあります。レンズに含まれる水分が最初から少ないので、レンズから蒸発していく水分の量も少なくなります。つまりはレンズが乾きにくくなるんですね。

非シリコーンの場合、含水率が低いと酸素透過率も低くなります

2ウィークファインUVはレンズの素材は普通のハイドロゲル素材です。酸素を良く通すシリコーンハイドロゲル素材が使われているわけではありません。普通のハイドロゲル素材で含水率が低い場合、レンズは酸素透過率が低くなる傾向があります。

酸素透過率は17.1DK/Lと低め

2ウィークファインUVの酸素透過率は17.1DK/Lです。この数字はお世辞にも高いとは言えません。酸素透過率は20DK/Lを切ると目にとってあまりいいとは言えなくなります。というのも、まぶたを閉じているとき以上に目に酸素が通らなくなってくるからです。簡単に言うと目が酸欠になりやすくなります。

レンズのエッジはなめらかに仕上げてます

2ウィークファインはレンズのエッジを丸くなめらかに仕上げています。

レンズと角膜の間に涙が入りやすくなる

レンズのエッジがなめらかだと、レンズのふちが目に引っかかることも少なくなるし、レンズと目の間に涙が入り込みやすくもなります。涙液交換も行われやすくなります。

シードではスムース・エッジ・デザインと呼んでいます

レンズのフチが丸くスムーズになっているレンズをレンチキュラーレンズと呼んだりすることがあるんですが、シードでは独自にスムース・エッジ・デザインと呼んでいます。

非イオン性のレンズ

2ウィークファインUVのレンズは非イオン性のレンズになっています。

レンズによごれがつきにくくなります

非イオン性だとなにがいいのかというと、目の表面のよごれがレンズにつきにくくなるんですね。レンズにくっつかないので、まばたきによって目尻からよごれはでていきます。レンズをきれいに保ちやすいんですね。2ウィークの場合はレンズケアが必要になるので、レンズをきれいに保てるというのは重要なポイントですね。

UV(紫外線)カット仕様

2ウィークファインUVは名前からも分かる通りにUVカット仕様になっています。UVカットの性能がどれくらいかというのは公表されていないのですが、目を紫外線から守りたい場合は重要な要素ですよね。使い捨てコンタクトでUVカット仕様なのはアキュビューシリーズ以外ではそれほど多くはありません。

TOPタイプ別に探す2ウィーク2ウィークファインUV

TOPメーカー別に探すシード2ウィークファインUV